2018年09月19日

75歳以上 5人に1人が要介護に

新聞広告にこんな事が載っていました。
介護を必要とする人が増え続けている。
ある調査によると、介護が必要な期間は約5年。
月額費用は約8万円になるという。

年齢とともに体の悩みは増えるもの。運動量が減ると食欲が落ち、栄養不足から筋肉量も低下して、ますます運動をしなくなってしまう。そうやって悪循環に陥ってしまう。

一般に筋肉量は40歳頃から減り始め、高齢者では1年に5%も減少する場合さえあるという。
「階段の上り下りがつらい」「歩くスピードが遅くなった」と感じ始めたら、それは筋肉量が不足し始めたかもしれない。

適度な運動を続け、筋肉に必要な栄養をしっかりとれば、筋肉は何歳になってもまた増やすことは可能だという。
自分のことは自分でできる、「健康自立生活」を心掛けましょう!



ケンラク施術院のホームページはこちらから。



posted by ケンラク at 10:24| 日記

2018年08月23日

平成30年夏 記憶も記録も残しておきたい

第100回夏の全国高校野球選手権


決勝は春夏2回目の連覇をかけた大阪桐蔭と東北秋田県立金足農業の対決となった。


金足農業は部員47名、全員が地元秋田出身ということだ。


王者大阪桐蔭にとっては、選手層からして勝敗は予想できていたかもしれない。


金足農業は予選から甲子園の決勝までメンバーを変更することなく戦った。

これはまさに奇跡に等しい。


今年の夏は異常ともいえる気温の高さ。

試合途中で交代を余儀なくされた他校の選手もいた中で、9人全員交代することなく決勝戦まで来れた。


「雑草軍団」


雪中練習等冬場の練習環境には恵まれているといえない中、「雑草軍団」の我慢強さが難関を突破する力になっていたのかもしれないと思った。


スターティングメンバー全員が3年生、ベンチを温める9人は全員が下級生。

試合が始まると、ベンチから「我慢!我慢!」の声掛け要因ということだ。


まさに、全員が一丸となって暑さ寒さの逆境を乗り越えた「雑草魂」かもしれない。

そして、勝利した時のあの校歌を歌う時の姿は、まさに百獣の王の雄たけびであった。


第100回記念大会は最後まで勝敗がわからない劇的な逆転が多く印象深い試合が多かった。


全員野球の金足農業は力を出し切り、残念だったけれど、エールを送りたい。


優勝した大阪桐蔭、去年夏の屈辱をハネのけての勝利はドラマがあった。おめでとう!


元 球児として、この暑い夏は血が騒いだ。


IMG_6135.JPG

夏の思い出@らららサンビーチ(沼津)



IMG_6172.JPG


IMG_6176.JPG

太陽の道 サンライズ@北川温泉



ケンラク施術院のホームページはこちらから。



posted by ケンラク at 16:21| 日記

2018年01月03日

戌年...あけましておめでとうございます

2019年(平成30年)の始まりです。
”初日の出”は平穏で平和な年を祈るかのように澄み渡った青空にとびっきり明るく輝く”初の出”、気持ちよかったです。
今年は私の年...年男です。
例年より増して健康で元気よくシルバーライフをエンジョイしたいと...初詣にも行ってきました。

IMG_0906.JPG
↑家から見た初日の出

IMG_0964.JPG
↑高石神社から見た富士山。突風のせいか例年よりも雪が少ないようです。




今日は少し長くなりますが、自然治癒力についてお話したいと思います。


<自然治癒力>
高齢化は確実に進み、家庭内経費の中で医療費、介護費など健康に関する費用が増えるのは確実です。
私達には生まれながら持っている”自然治癒力”を元気に保つことが健康の原点であるといえます。
しかし、この”自然治癒力”を脅かすものが生活習慣の中にはたくさんあります。
私達の口から入る野菜や肉や魚介類などでは農薬、化学肥料、化学飼料、食品添加物の氾濫の食料品や、空気中や水中を漂う汚染物質を私達は体内に取り込んでいます。これらが自然治癒力である免疫力、再生力、精神力や防御力を弱めると言われています。

では自然治癒力を高めるには...
<防御力>
・唾液の量を増やす
年令と共に唾液の分泌は減少します。減少は殺菌作用の低下になり、口の中の細菌やウィルスが増殖したり、虫歯の原因になります。
唾液を増やすには、水分を多く取ることや、食べ物をよく噛むことが大切です。

<免疫力>
・体温を上げる
体温が下がると血行が悪くなり、体内に侵入した異物を攻撃する白血球が集まりにくくなり、細菌やウィルスなどを撃退できなくなり、病気の発症につながります。免疫力が正常に保たれる体温は36.5℃程度で体温が1℃下がると免疫力が約30%低下すると言われています。
・食べ物では善玉菌を増やすには食物繊維などを積極的に取ることがおすすめです。

<再生力>
・肝臓の再生力
肝臓の再生力を高めるためには、破壊された肝細胞の再生に重要なタンパク質や肝臓の代謝活動を促進するビタミンB群を取るのが効果的といわれています。
脂質の少ない肉や魚、卵、牛乳、乳製品、大豆製品などの良質なタンパク質が必要とされています。
・血管の再生
血液をサラサラにしてくれる野菜や海草類、血栓を溶かす作用がある納豆やクエン酸を含む食べ物、血管を丈夫にするタンパク質を含む食べ物があります。動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の予防や改善につながります。

<精神力>
笑いは自律神経の副交感神経や脳内神経伝達質に影響を与え、心を和らげることによって免疫力を高めると考えられています。


自然治癒力を高め、健康で楽しく元気な日々をすごしましょう!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_0916.JPG



ケンラク施術院のホームページはこちらから。




posted by ケンラク at 19:04| 日記